REAPRA Ventures

三浦 豪

REAPRA 経営企画

アメリカの大学を卒業後、外資系の戦略コンサルティングファームに入社。国内外の大手クライアントに対して、新規事業における戦略策定支援や市場調査、組織改革、全社コスト削減など様々なテーマに従事。2017年にREAPRAにジョインし、経営企画として自社の戦略策定や投資先の支援に取り組む。

これまでの経歴を教えてください。

アメリカの大学を卒業したのち、外資系の戦略コンサルティングファームに入社しました。新卒での就活時にはそこまで自分が将来何をしたいかが明確ではなかったので、「多面的で、汎用性の高いビジネススキルを身に着けたい」ということを軸に、コンサルティング業界を選んでいたというのが背景です。会社の方針もあって、インダストリーやテーマはかなり流動的にいろいろな案件を経験しました。例えば、保険業、製薬、製造業から、省庁など公共案件にも携わることがあり、テーマも組織改革や全社コスト削減、オペレーション改善、外国企業の日本進出に関わる戦略策定支援などを経験することができました。幅広い案件に関わることによって自分がこれまで見たことのない世界を見れていましたし、かなりストレッチな環境であることには間違いないので、ロジカルシンキングやファシリテーション、エクセルやパワーポイントなどの基本的なビジネススキルを身につけられたと思っています。そのファームで結果的に2年半働いたのですが、とても充実していた期間だったと思っています。

そこから転職を考え始めた理由は何だったんですか?

私は山形県出身で、親が自営業ということもあり、大手企業の会社員のような、いわゆるサラリーマンではない大人と接する機会が多い環境で育ちました。その中で「自分で事業をやる」ことそのものに興味を持っていました。また、コンサルティング会社で過ごした期間はとても充実していたものの、最終的に大企業の役員になるとか、コンサルティング会社でパートナーとしてキャリアを積んでいくことに対して、そこまで志向が強くなかったということもありました。コンサルティング会社でのストレッチな環境のお陰もあってある一定のビジネススキルは身に着けることができたので、もっと自分自身の意思をもってキャリアを積んでいきたいと考えたのが転職活動を始めたきっかけです。

どういった軸で転職活動をされていたんですか?

「自分の意思をもって手触り感を得られるかどうか」、「海外で仕事ができるか」の2軸が大きかったですね。ですので、中小企業やベンチャーに対して支援をしているコンサルティングファームや投資会社を見ていました。アメリカでの学生生活や、前職で海外のPJに携わったバックグラウンドもあったので、自分のキャリアを海外に広げていきたいという想いも持っていました。

転職活動時にはREAPRAにはどういう印象を持ってましたか?

まったくREAPRAのことは知らなかったです(笑)。たまたま前職の先輩とキャリア相談をしていた際にREAPRAのことを聞き、自分でさらっと調べていたぐらいですね。当時は、投資会社、VCぐらいのイメージしかなかったです。

インタビューのプロセスなどを経て、印象がどんな風に変わっていきましたか?

かなり興味深かったです。一般的な投資会社やVCとは違い、ハンズオンで支援をしていきながら投資先のバリューアップを目指していくこともそうですし、それを通じて「産業創造を一般化」するというMissionなど、誰もやっていなかったことを海外をベースに実現しようとしている会社だなと感じました。また、実際に社員と話をしてもそれぞれがかなり高い目標を掲げていたり、キャリアも経営企画や起業、投資先のCOOなど、チャレンジの幅が広く、魅力的なキャリアを築いていけると思いました。

いまはどんなお仕事をしていて、どんなところにやりがいを感じていますか?

今はシンガポールを拠点にしていて、仕事内容は主に2つです。ひとつはREAPRAの経営企画としてREAPRA自身の戦略を考え、実行するということ。2つ目は、ハンズオンサポートおよび経営パッケージの作成を通した投資先への支援です。REAPRAは「複雑性の高く、かつ中長期で成長するマーケット」というものを投資対象としているため、かなり不確実性の高い未来に対して、REAPRAの戦略を考えることもすごく面白い取り組みですし、何より投資先へのハンズオンがCEOとの二人三脚なので前職よりも一層の「手触り感」を持ちながら支援できていると実感しています。

今後のキャリアビジョンはどのように考えていますか?

まだ明確なビジョンがあるわけでは無いものの、もともと「自分で事業をやる」ことに興味があるので、そこに向かって経験を積んでいきたいと思っています。主にコンサルティングファームでのキャリアとしては、大企業をクライアントとして比較的トップダウンなアプローチで経験を積むことが多かったので、自分の志向を考えると、もっとオーナーシップをもって、ボトムアップ的に戦略を考える、施策を実行しビジネスを改善していくということが重要になっていくはずです。今後REAPARAは投資先をさらに増やしていく予定なので、深くハンズオンサポートしていきながら投資先のバリューアップと自分のキャリアを実現させていきたいですね。

経営企画の募集要項

職種
経営企画
仕事内容
REAPRAのMission/Vison実現のため、
1)REAPRAの経営企画として、戦略立案/実行
2)投資先の経営企画として、ハンズオン支援
のいずれか、もしくは両方を担当します。
どちらのロールも具体的には、
・マーケットリサーチ
・事業/プロダクト検討
・マネジメントダッシュボード策定
・ステークホルダーとのディスカッション
・プロジェクト立ち上げ/推進
・資料作成/提案
を実施します。
仕事の価値
・産業創造の一般化という壮大なテーマへのチャレンジ
・「経営」を推進する手触り感
・グローバルに働ける機会
・優秀な人材との協働
応募資格
・REAPRAのMissionへの共感
・戦略立案のベースとなる論理的思考能力/構造化能力
・仮説立案/施策実行/検証・分析までPDCAをリードする能力
・双方向かつオープンなコミュニケーション能力
・自己を批判的に内省できる能力
・エクセル/パワーポイントを使用しての資料作成能力
お問い合わせ・応募

Interview

起業家・ハンズオンメンバーインタビュー

株式会社YOLOT 古田 裕

古田 裕

株式会社YOLOT

CEO

株式会社ココピア 森島 聖

森島 聖

株式会社ココピア

代表取締役社長

REAPRA 三浦 豪

三浦 豪

REAPRA

経営企画

REAPRA Ventures 佐藤 克唯毅

佐藤 克唯毅

REAPRA Ventures

経営企画

REAPRA Ventures 山田 晃義

山田 晃義

REAPRA Ventures

セールス

REAPRA Ventures 江口 龍士

江口 龍士

REAPRA Ventures

テクノロジー