REAPRA Ventures

江口 龍士

REAPRA Ventures テクノロジー

株式会社インターネットイニシアティブ(旧アイアイジェイテクノロジー)にて、大規模インフラやSIに従事。 その後、日系企業にて電子出版、外資系企業にてE-Learningのサーバサイド開発(Rails)に従事。2017年11月よりREAPRA Venturesにエンジニアとして参画し、グループ各社に対する技術支援計画の立案・実行を担当。同志社大学卒。

これまでの経歴を教えてください

大学卒業してからこれまで、エンジニアとして経験を積んできました。SIer、事業会社、フリーランスまで本当に幅広かったです(笑)。アプリ開発とインフラ両方の経験があり、今はRuby on Railsで開発をしています。アプリリリース2ヶ月で200万ダウンロードされたアプリのバックエンドの開発をしていたときに大量のトランザクションに対していかにパフォーマンスを向上させるかなど、ビジネスやプロダクトに直結するような経験がとても楽しかったですね。

転職を考えた背景は何ですか?

テクノロジーを使って開発だけをするというより、よりビジネスやプロダクトに近いところで経験を積んでいきたいと思ったからですね。あとは、前職は外資系企業で英語を使って仕事をしていたので、引き続き少しでも英語を使えるチャンスがあればと思っていました。REAPRAはある求人媒体で見つけたのですが、シンガポールが本社でオフショア先がベトナム、なによりスタートップフェーズの会社が投資先として多いので、よりビジネスに近いかたちでエンジニアリングの経験を積んでいけると思ったのが転職を決めたきっかけになりましたね。

いまの仕事内容を教えてください

現在は主に2つの仕事をしています。1つ目は、日本の投資先に対してのテクノロジー観点でのサポートです。色んなフェーズの会社がありますので、現状を把握するためのアセスメントや新規プロダクトの要件定義や開発フローのディレクションなど上流の業務をすることもあれば、手を動かすようなこともあります。2つ目は、東南アジアサイドの仕事で、テクノロジーを主軸にしたプロダクトの開発をしています。また、オフショア先としてベトナムのチームもあるのですが、そこに対するコードレビューやトレーニングなどを実施しています。投資先個社もそうですし、プロダクトや働くエリアについても多様性があるので、非常に楽しいですね。

今後どんなことをしていきたいですか?

いまよりもさらにテクノロジーを使っていきながら、投資先のサービスやプロダクトの成長に貢献していきたいですね。日本の投資先でいうと、そこまで複雑なテクノロジーの技術を使ってプロダクトをグロースさせるようなフェーズではないのですが、将来的には間違いなくテクノロジーの力がもっと必要になります。これまで経験してきたテクノロジーのノウハウはもちろんですが、AIやブロックチェーンなど新しいテクノロジーの技術を学びながら、投資先のビジネスに寄り添いっていきたいですね。

機能スペシャリストの募集要項

職種
機能スペシャリスト
仕事内容
REAPRAのMission/Vison実現のため
セールスやマーケティングなどのスペシャリストとして、
1)投資先へのハンズオン支援
2)各機能における一般化
を担当します。
具体的には、
・投資先CEOもしくは担当者とのディスカッション
・支援範囲/方法の策定
・プロジェクト立ち上げ/推進
・資料作成/提案
・上記を通じた一般化
を実施します。
仕事の価値
・産業創造の一般化という壮大なテーマへのチャレンジ
・専門性を極められる環境
・グローバルに働ける機会
・優秀な人材との協働
応募資格
・REAPRAのMissionへの共感
・各機能における高い専門性および実績
・論理的思考/構造化能力
・双方向かつオープンなコミュニケーション能力
・自己を批判的に内省できる能力
お問い合わせ・応募

Interview

起業家・ハンズオンメンバーインタビュー

株式会社YOLOT 古田 裕

古田 裕

株式会社YOLOT

CEO

株式会社ココピア 森島 聖

森島 聖

株式会社ココピア

代表取締役社長

REAPRA 三浦 豪

三浦 豪

REAPRA

経営企画

REAPRA Ventures 佐藤 克唯毅

佐藤 克唯毅

REAPRA Ventures

経営企画

REAPRA Ventures 山田 晃義

山田 晃義

REAPRA Ventures

セールス

REAPRA Ventures 江口 龍士

江口 龍士

REAPRA Ventures

テクノロジー